星空の黒牛とは

  • HOME
  • 星空の黒牛とは

至福の牛肉を育てる原点にあるのはスタッフ一人一人の愛情

至福の牛肉を育てる原点にあるのはスタッフ一人一人の愛情


星空の黒牛の血統

私たち星空の黒牛の牛肉は、黒毛和牛の上品な脂の甘さと野性味溢れる赤身肉の肉汁の旨さ、その両方のポテンシャルを最大限引き出すことで、沢山食べても飽きのこないフレッシュさと満足感を併せ持っています。この味のバランスを飼育環境·育て方·飼料·安全性に至る全てにおいて試行錯誤を繰り返し、交雑種としての最高品質を目指して現在の味に至っているという大きな自信があります。肉を愛する全ての方に是非味わって頂きたい牛肉です。

牛一頭一頭に愛情をかけた飼育

独自のネックセンサーシステムを導入し、牛1頭1頭その日の体調を管理しながら、みんなで牛たちの情報を共有しながら育てています。スタッフは牛と沢山話をして、牛の声を聴き、牛と心を通わせられるようになることを目標に働いています。このように愛情をかけることで、血統に潜むポテンシャルを十分に発揮するように育てる事が、肉牛育成職人としての腕の見せ所です。

こだわりの飼料

研究に研究を重ねたこだわりの飼料

エフシーエスでは海外に牧場の技術ノウハウを提供する代わりに、
現地で安全なパイナップルを育成しそれを発酵させて資料を添加することで
独自の飼料ノウハウを蓄積し、日々進化を続けています。


牛ごとに管理された美味しい飼料

日々の美味しい肉牛を目指して、牛の種類·飼育段階·その日の体調等全てを考慮して独自の配分で最適な餌を与えています。
エフシーエスの牧草地として約300ヘクタールの牧草を無農薬·無化学肥料で育て、そこで育った安心で安全な牧草をたっぷりと与えています。
きれいな水と考え抜かれた餌の徹底管理で、脂まで美味しい肉本来の深い味わいが特徴の『星空の黒牛』が誕生します。

地域と共に歩む乳牛への思い

地域と共に歩む乳牛への思い


搾乳牛の育成へのこだわり

独自の配分で各牛の体調や生育の段階などに合わせて最適な量を与えます。 濃搾乳は母牛から小牛への愛情込もった乳。そのため、私たちは母牛への徹底した体調管理と愛情掛けが美味しい乳を生むと考えています。きめ細かな愛情を掛ける事で、小牛の時から人に慣れ温厚な性格となり、牛1頭1頭の特徴をしっかりと把握しています。悪天候以外は可能な限り平原へ放牧をし、牛のストレスを軽減することで、健康で丈夫な牛になるよう育てています。特に乳房炎には気を配り、長命連産してくれる牛の育成に力を入れいています。こうして牛にも人にも優しい牧場作りに努めています。

共進会でも活躍できる美しい牛の育成

2018年 標茶初 共進会 牛の美人コンテスト北海道ホルスタインウインターフェア チャンピオン

道東の地域でも離酪農への動きが大きく、そのため地域全体へ供給する牛乳の量が減ってきています。エフシーエスではそのような背景から、肉牛だけでなく乳牛も大切に育てることで、地域酪農の下支えを行っています。2018年にはなんと乳牛の美人コンテストでグランドチャンピオンを取得するという快挙を成し遂げました。これも一重にスタッフ全員の牛への思いの結晶です。是非そんな私たちの牧場「星空の黒牛」へ遊びに来てください。